第三章

 

 

 

 

(いや、いやぁ…………も、もう、死にたい、よぅ…………)

 やっと全てを排出し終えたトモコは、茫然自失のまま、ぼーっとトイレの壁を眺めていた。

 どうして自分がこんな目に遭うのか分からない。

 自分はただ、健太のプレゼントを買うために、頑張ってバイトに励んでいただけなのに………
 だから、彼女は気づいていなかった。

 自分がまだ、最悪の状況にあるという事を。

 
「よっこらしょ」

 
 いつの間にか、トモコの股間から頭を引き抜いていたグラサンの男は、彼女の両腕を引っ張って便座から立たせた。

 そして、次に男が便座に腰掛け、トモコのスカートを後ろからめくりあげる。

 綺麗な白い尻肉が露わとなった。

 
(ひッ…………い、いやぁ!)

 
 トモコは正気に返り、扉から逃げようとしたが、遅かった。

 男が彼女の細い腰を掴み、力任せにぐいっと引っ張り寄せたのだ。

 トモコは足をすべらせ、どしんと男の膝の上に座る格好となる。

 
「へへ…………………じゃあ、後ろ、貰うぜ」

 
(…………? う、うしろ…………)

 
 トモコが男のセリフを考えている隙に、彼はぐにゅっとしたモノを、彼女の肛門に押し当てた。

 その熱いものが窄まりにあてがわれた時、トモコは本能的に逃げようとしたが、一瞬早く男は腰をつきあげ、押し当てていたもの…………ペニスの先端が一気にトモコの肛門を貫いた。

 

 ぶじゅぅううううううっ

 

(ほっほごぉおおおおおおおおおおぉぉ〜ッ!

 

 ガムテープで塞がれた口を「0」の字に広げ、トモコは肛内に侵入してきた異物に圧倒される。

 目は極限まで見開かれ、目尻からじわっと涙の粒が浮かんだ。

 
(な、中にぃぃぃいいいッ! お、お尻のぉおぉぉぉ、中にひィイイイイイ…………!)

 

 今まで排便にしか使用していなかった器官。

 前の秘芯で男を受け入れたことさえなかったトモコ。

 その肛門が今、ぎちぃぃいっと拡張され、肉槍を根元まで受け入れていく。

 

「ひひっ…………いいケツ穴してるぜぇ…………初めてのわりに、すんなり俺のデカ魔羅、飲み込んだじゃねぇか。どうだ…………ケツの穴で感じる、男のチンポはよぉ」

 

(ち、ちん…………ぽっ、って…………!)

 ようやく、彼女は状況を把握した。

 この変態男は、信じがたいことに、背後から自分の肛門に、男性器官をねじ込んだのだ。

 

(そ、そんなッ…………………そんあぁぁぁ…………ッ!)

  

 トモコは、ショックのあまり卒倒しそうになった。

 生まれて初めて受け入れた『それ』は、恋人の健太のものではなく、見知らぬ変質者のペニス。

 しかも、前の女の器官にではなく、よりによって排泄物をひり出す穴に挿れられたのだ。

 女性にとって、これ以上屈辱的な『初体験』はなかった。

 

「へへ…………さぁ、お前も愉しみ、なっ!

 男が便座の『ウォシュレット』ボタンを押した。

 

 しゃわわわわわわ…………

 

 壊れた放水は角度を逸らし、後ろから貫かれているトモコのクリトリスを直撃する。
 

(はあぁぁぁぁあああああ〜…………ッ)

 
 快美な刺激に、びくんっ、とトモコは仰け反った。

 

 日頃の習慣の悲しさ。

 

 いつもの場所に、いつもの刺激がもたらされ、はからずもトモコの『官能のスイッチ』が入ってしまった。

 これは、いわば条件反射。 

 ファミレスの、壊れたウォシュレットで秘所を慰め、固い排便で愉しむ、彼女の秘密の習慣。

 

 その条件が、今、満たされたのだ。

 

 秘唇への流水、そして固い便のかわりに埋められた極太の男根…………

 肛門襞からもたらされる、快靡なる拡張感覚に、彼女の意識が集中した。

 

「ほぉ〜らぁ、動かすぜぇ………」
 
 むりゅ、むちゅっ、にゅむっ、にゅちゅぅっ みゅちゅぅっ…………
 
(あぁあああッ、おぉぉおおおおおおッ……………っ!)

 
 ぎっちりと締まった肛肉を、強引に引っ張り出され、そして再び強引に押し戻される快感。

 押し込まれる時は、口から内臓が飛び出しそうになり、引き抜かれる時は、尻穴から全てが弾けそうになる。

 ここ2週間での『固便』により、トモコの肛門は拡張に慣れ、しかもその感触を味わうまでになっていた。

 今挿入されている肉棒は、出るだけではない。

 挿れられ、そして出される両方のアクション。

 その未体験の性感は、トモコの価値観を根底からうち崩し、脳髄を白紙に塗り変えていった。

 

 腕や足に、力が入らない。

 

 男が、彼女の腕を掴んでいた手を離し、トモコの秘唇に指を這わせた。
 処女孔に指が触れた瞬間、彼女は肩を震わせ、肛門をきゅっと締め付ける。

 

 ぬちゅぅっ………

 

「…………お? …………ははっ、おいおいおい、お前、ケツ穴掘られて、濡らしてんのかぁ〜? ひゃははははッ、この変態女がぁッ!」

 

(うっ…………うそっ…………)

 

 男の指が、彼女の目の前に差し出された。

 その無骨な指に、ねっとりとからみついた恥液。

 間違いなく、彼女は感じているのだ。

 男のペニスが肛肉の奥底を抉るたび、その裏側にある子宮が、隔壁ごと押されて、ごりっ、ごりっ、と刺激を受けていた。

 肛虐による快楽が、子宮器官の刺激とシンクロし、より深い痺れと陶酔を彼女にもたらした結果である。

 

(おっ、お尻の穴でぇ…………か、感じる、なんてぇ…………………っ)

 

 ぐじゅぅううっ、ぬちゅっ、ぶちゅううっ、ぐちゅうぅっ、ぬにゅぅうっ…………

 

 腰が揺らされ、出没が激しくなってきた。

 

(あぁあッ…………あああッ………………あぉおぉッ………………うぅううう…………っ!)

 

 トモコの鼻息が荒くなってきた。

 ピストンを加えつつ、男の指がクリトリスの皮を剥き、もう片方の手が乳房を下から揉み上げる。

 肛肉を容赦なく抉りつつ、その裏にひっそりと息づく処女子宮をゴリゴリと擦りたて…………

 トモコは、秘芯の奥底から脳天まで駆けめぐる、底知れない波に飲まれようとしていた。

 

(あぁあああああ、あぁああああああ、わ、わたし、変っ、へん、あぁあああああああああああッ!

 

「おぉおお、よしっ、出す、出すぞぉおおっ!」

 男が最後に深く肉槍を肛内に突き入れ、同時にウォシュレットのスイッチを押した。

 

 しゃわわわわわわ…………

 ずびゅぅううぅうっ! どびゅびゅるぅうっ! びゅびゅるぅうっ! ぼびゅるぅううっ! びゅるぅううっ!

 

 トモコの肛肉で肉槍の先端が爆ぜ、大量の精汁が迸った。

 同時に、その剥かれたクリトリスに、ウォシュレットの飛沫が直撃する。

 

ぎひィいいいいいイイィィィィィィィィィーッ!!!!

 

 トモコは涙さえ流して、生まれて初めての絶頂を迎えた。

 オナニーの習慣がほとんどなかった彼女は、まだ1度も、自分でも達したことはなかった。

 その、女の大事な最初のアクメを、こんなファミレスの公衆トイレの中で、しかも変質者にペニスを肛門に挿れられた状態で覚えてしまったのだ。

 トモコの足先はぴんっ、と伸びて痙攣し、両手は知らず男の足をぎゅっと掴んでいる。

 ガムテープの下で、彼女の口が声なき絶叫を発し続けていた。

 

「おぉおお〜……ぅうう〜、うっ、ふぅう〜………」

 思う様、欲望をトモコの肛内に注ぎ込んだ男は、満足そうに呻く。

 

 彼女の目線は虚空を漂い、肛門が無意識のうちに、中の肉棒を、ぎゅっ、ぎゅっ、と断続的に締め上げていた。

 処女の秘芯はひくひくと蠢き、ドロリとした白濁の露が滴っている。

 トモコは自失状態に陥っていた。

 

(ぁあああっ……………わ、わたし…………イッちゃった……………こんな変質者に、おチンチン挿れられて……………そ、それも、お、お尻の穴で………………)

 
 しばらく余韻を噛みしめた後、男は、

 
 ぬちゅぅうっ

 

 と、トモコの身体をずらし、男根を彼女の肛門から引き抜いた。

 瞬間、びくっと肩を震わしたが、トモコの反応はそれだけだった。

 彼女を便座に座らせたまま男は立ち上がると、個室の片隅に脱ぎ散らかされてたパンツを拾い上げる。

 

「ふぅううぅ〜…………まずはトモコちゃんの後ろの処女、ごちそうさま、だ」

 

 腸液と彼女の排泄物、そして精液で汚れたペニスを、男は彼女のパンツで綺麗に拭った。

 トモコは、便座に座ったまま動かない。がっくりと項垂れ、時々絶頂の余韻でぴく、ぴくと震えるだけだ。

 

 男が個室から去っても、彼女はしばらくそのままだった。

 まるで、魂が抜けた人形のように、トモコは脱力した状態で、便座に腰掛けている。

 

 ──────やがて、腸内に吐き出された男の精液が、残りの排便と一緒になって、便器の中に弾け落ちた。

 

 ぶばっ ぶびゅぶびゅううううううっ

 

 その排泄の快感に、トモコはぶるっと震えたものの、顔は虚ろなまま。

 ただ、陵辱の名残を、爆音とともに肛門から吐き出していた。

 

 


 

 


 

NEXT

BACK

TOP PAGE

動画 アダルト動画 ライブチャット